MENU

銀行カードローンを比較

キャッシングと言えば消費者金融の代名詞のように使われていましたが、最近では銀行カードローンも消費者金融に負けないほど人気が出ています。

 

銀行カードローンは独自の基準で融資をしているので、それぞれに特徴があります。
銀行カードローンでキャッシングを始める時は、それぞれの特徴を比較検討するのがポイントです。

 

口座開設が即日融資のネックになる

カードローンを申込む銀行によっては、借入れを行う銀行の口座が必要になる場合と、指定口座はなし、としているカードローンがあります。

 

当然、銀行口座が無い方が手軽な手続きとなるのですが、口座が必要な場合には、カードローンの申込みをする時に、同時に口座開設手続きも出来るようになっている場合がほとんどなので、それほど手間はかかりません。

 

しかし、口座開設の際に時間がかかる場合や、何らかの書類の郵送が必要となる場合があります。即日融資が可能なカードローンは数多くありますが、すでに口座を持っている方なら即日融資が可能という場合もあるので、急いでいる時は申込先の確認が必要です。

 

専業主婦でも借りられる?

銀行は総量規制の対象外なので、全ての銀行で専業主婦が配偶者の同意無しで借りられるかと言えば、そんなことはありません。専業主婦へ貸付ができるかどうかは銀行の判断になります。

 

銀行カードローンならどこでも専業主婦が借りられるというのは間違いです。
ですから、専業主婦がキャッシングを始めたい時は、無職の専業主婦でも申込が出来るのかを比較しなければなりません。

 

大手消費者金融の場合、ほとんどが本人に収入がある事となっているので、無職の専業主婦は融資が受けられません。銀行カードーンの場合、専業主婦専用の商品が用意されているカードローンは、ほとんどが本人に収入がなくても、審査に通れば融資が受けられます。

 

専業主婦の商品は融資限度額が30万円、50万円といった少し低額の限度額になりますが、配偶者の同意も不要、収入証明書類も不要で融資が受けられます。少額と言っても生活費の不足を補う程度なら十分な金額だと思いますので、専業主婦の方がキャッシングを始める時はまず、これらの商品が用意されている銀行へ申込をしてみましょう。