MENU

おまとめローンを比較

おまとめローンの目的は、複数社からの借入先を1社にまとめることが大きな目的となります。

 

返済先が1社になるというだけで、返済状況が大きく変わります。
さらに「新たな返済計画が立てられる」「低金利に借り換える」がプラスされると、おまとめローンはより便利でお得なローンに変わります。

 

銀行カードローンでまとめる

銀行カードローンは総量規制の対象外なので、基本的には「おまとめローン」という専用商品はありません。一般のカードローンでまとめる事になります。

 

カードローンの利用範囲内の借入れになるため、審査が厳しいとも言われています。
消費者金融のおまとめローンでまとめた場合、返済のみになり、返済が完了するまで新たな借入は出来ませんが、通常のカードローンとして利用することになるため、通常のキャッシングと変わりません。

 

返済は月に一度のほか任意返済も自由で、借入も通常通りに行うことができます。
便利ではある反面、使い方次第で借入残高が増える事もあるので使い方には注意が必要です。

 

大口の借入れになるおまとめローンは、有利な金利が設定される傾向にあります。
現在の他社からの借入れ金額を合計し、融資限度額を決定しましょう。
思わぬ低金利で借り換えができる可能性もあります。

 

消費者金融でまとめる

総量規制で、融資限度額は年収の3分の1以内と決まっていますが、「顧客にとって一方的有利となる借り換え」の場合、総量規制の「例外」になります。したがって、消費者金融にはこの制度を取り入れた「おまとめローン」が用意されています。

 

他社からの借入れ金額を完済することを目的としているローンで、対象となるのは消費者金融、もしくはクレジットカードのキャッシング枠など貸金業者からの借入れだけに絞られ、銀行カードローンなどの借入は対象にはなりません。また、他社からの借入れ金額を完済することを目的としているため、追加融資は出来ませんし、返済専用となっています。

 

消費者金融でまとめる場合、金利はそれほど低くはならないものの、ある程度の借入れ件数があっても審査に通る可能性は高いため、「まずは借入先をひとつにまとめたい」という場合に利用できるのがおまとめローンです。