MENU

信販会社のカードローンを比較

信販会社のキャッシングといえばクレジットカードだけだと思っておられる方もおられますが、信販会社ではカーロドーンも発行しています。

 

これまで、信販系のカードローンはクレジットカードと混合されることも多く、人気はそれほどありませんでしたが、最近の信販会社のカードローンは低金利な事や充実したサービスが受けられるので、これからキャッシングを始めたい人は、信販会社も選択肢のひとつと考えてもよいのではないでしょうか。

 

信販系のメリット

信販系のカードローンを利用する最大のメリットになるのは、信販系ならではの独自の安定感です。なぜなら、元々クレジットカードの事業を手掛けている会社なので、個人顧客の割合が高いですし、そのままカードローンのサービスに移行することも可能になります。

 

クレジットカードをすでに持っている人なら、同じ会社が提供しているカードローンは、異なるカードローンの申込みをすることを考えると、使い勝手も良いだけではなく、連携したサービスなども受けられるのでおススメです。

 

金利を比較する

お金を借りる時はできるだけ利息は払いたくないものです。

 

数ある信販会社のカードローンの中で金利を比較してみると、

  • 三井住友カード「ゴールドローン」  年利3,5%〜9,8%、融資限度額は最大700万円
  • セゾン「MONEY CARD GOLD」  年利6,47〜8,47%  融資限度額最大300万円
  • オリックス・クレジット「「VIP」  年利3,0%〜16,8% 融資限度額最大800万円

など、消費者金融の金利が18,0%前後なのに対して、かなり低めの設定になっており、銀行カードローンの中でも低金利の部類になります。

 

サービス面でも信販系がおススメ

クレジットカードを使っている人なら知っていると思いますが、商品やサービスなどをカードで買うと、ポイントが貯まり商品と交換できたり、他の店で使えたりします。

 

これらのサービスがカードローンでも利用できるので、消費者金融系や銀行系と比較しても、信販系カードローンしかできないメリットの一つといえます。

 

特典など有名なのがオリックスVIPローンカードで、オリックスグループの優待サービスなどが利用でき、ホテルやレンタカーなどを優待割引で利用するなど、カードローン意外のサービスも充実しています。